デビットカード決済の仕組みとは?

銀行口座から決済代金がリアルタイムで引き落とされる

デビットカード決済のシステムはどのようになっているのでしょうか。これは、デビットカードの種類に応じて二通りのシステムがあります。まず、ノーマルタイプのデビットカードの場合ですが、加盟店が独自の決済機器を所有し、商品を購入したり、サービスを受けた客がデビットカードを出したら、その機器に通し、カードのデータを銀行に渡して決済が行われるという流れです。
決済のタイミングは原則としてリアルタイムであり、銀行の営業時間でなくても、決済が行われた時点で客の銀行口座から代金が引き落とされることになります。
もし、支払う代金よりも銀行口座の預金額が少なかった場合は、決済ができず、エラーになります。つまり、クレジットカードのようにカード会社が一時的に払ってくれるのではなく、客が実際に所有している現金が支払われる仕組みということです。

クレジットカードの番号を持っていればネット決済も可能

一方、決済時にクレジットカードとして扱われるデビットカードというのも存在します。こういったデビットカードは、クレジットカード会社から付与されたカード番号を持っているため、クレジットカードとしての決済が可能なのです。
店側はデビットカード専用の決済機器を持つ必要はなく、クレジットカード決済ができる機器があれば流用できます。
ただ、決済の流れはノーマルのデビットカードの流れと同じ、つまり、決済時に銀行口座から代金が引き落としされるというものになります。ただ、ノーマルなデビットカードにはできないネット決済も可能ですし、発行している銀行によっては、不足している代金を一時的に立て替えてくれることがあるため、ノーマルなデビットカードよりも利便性は高いです。